卒業生の声

ブライダル工房の講座を受講した修了生たちは今、ウェディングプランナーとして活躍しています。
その修了生に、ウェディングプランナーを目指したきっかけ、スクールで心に残ったこと、現在の仕事などについてお話をしていただきました。

◆田村 若菜さん ◆長谷川 真美さん ◆久谷 理恵子さん



[ 就職先 ]
プロデュースオフィス 「インデックスブライダルプランニング」 ウェディングプランナー
→ 「フェイセス・ゲストハウス」 ウェディングプランナー 
→ 「ル・ヴァンヴェール」 ウェディングプランナー

[ 前職 ]
OL(営業事務)

[ ウェディングプランナーを目指したきっかけ ]
兄が結婚する際、花嫁にブーケを手作りでプレゼントしました。
その際、やり取りしたプランナーさんに憧れ、この仕事に興味を持ちました。

[ ブライダル工房のスクールを選んだ理由 ]
ブライダル工房以外にも何校か見学しましたが、決め手となったのが、現役のウェディングプランナーの方々が講師として教えてくれる事でした。
またプロデュース会社ということもあり、オリジナルなものが学べるのではないかなと思い、入学を決めました。

思った通り、授業の内容は他では聞いたことのない挙式スタイルや演出方法、また実際現場での研修があったりなど、中身の濃いものでした。
教えてもらうばかりではなく、就職の相談などにも親身になって聞いていただいて、ほんとにブライダル工房を選んでよかったと思いました。

[ スクール授業で心に残ったこと ]
毎回とても興味深く面白い授業でしたが、特に印象に残っているのが、お客様のタイプ別の、接客の仕方の授業です。
オリジナル・シンプル・ご予算重視等、さまざまなご要望をお持ちのお客様への接客方法を、ロールプレイングで練習する中で、結婚に関する知識ももちろん大事なんですが、その会話の中でどれだけお2人の気持ちや想いを汲み取れるかが重要であり、いかにそれが難しい事かを、学ぶ事ができました。

私達にいくら知識があって、オリジナルなものを提案したいと思っても、そこにお客様との温度差や価値観の押し付けがあってはいけないという事を学びました。

[ 仕事内容 ]
プロデュース会社に就職し、主にレストランでのオリジナルな挙式・披露宴を提案しています。
まだまだ色々な場面で難しさに直面していますが、ブライダル工房で学んだことを活かしながら、いつでも初心を忘れず、これからも幸せのお手伝いはもちろん、ゲストの方々にも楽しんでいただけるような、私にしかできないオリジナルな提案ができる、プランナーになりたいです。

そしてウェディングシーンの移り変わりが激しい近年で、お客様のニーズに応えられるよう、常に新しい事や情報に、敏感でありたいと思っています。


ご相談・説明会のご予約はこちら

ブライダル工房のサイト ウエディングプランナーのお仕事日記